保育士試験、教員採用試験のための音楽理論・実技対策集中講座
●保育士試験について

保育士試験は、筆記試験及び実技試験によって行い、実技試験は、筆記試験のすべてに合格した者について行われます。各都道府県ごとに毎年一回行われ、試験日の日程全国統一で決められ、重複して受験することはできません。また試験問題も全国統一の問題で行われます。
『実技試験』は『音楽、絵画制作、言語』があり、受験生はその中から、自分にあった2科目を選択して受験します。(詳しくは社団法人全国保育士養成協議会を参照)

◆平成20年度の「保育士試験」試験日程

 ・受験申請書受付期間  
   
平成20年4月1日〜5月13日(※当日消印有効)
 ・筆記試験     
   平成20年8月7日(木)・8日(金)
 ・実技試験  
   平成20年10月13日(月・祝)   

◆筆記試験の出題科目

  1. 社会福祉
  2. 児童福祉
  3. 発達心理学・精神保健
  4. 小児保健
  5. 小児栄養
  6. 保育原理
  7. 教育原理・養護原理
  8. 保育実習理論
    保育士試験筆記試験について

◆実技試験の出題科目

   1.音楽・・・・ピアノ、アコースティックギター・アコーディオン
   2.絵画制作
   3.言語
  
 ※幼稚園教諭免許状所持者以外は、受験申請時に必ず2分野を選択する。
     筆記試験全科目合格者についてのみ行う。
   

 ・音楽実技試験

   課題曲 ※課題曲の楽譜は、こちらに掲載しています。
   ア.『とんぼのめがね』(額賀誠志作詞・平井康三郎作曲)
   イ.『はたけのポルカ』(峯陽作詞・ポーランド民謡)

   ●幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を 弾き歌いしなさい。
     (楽譜の持込可。)
   ●ピアノの伴奏には市販の楽譜を用いるか、添付楽譜の コードネームを参照して
    編曲したものを用いる。
   ●ギター、アコーディオンで伴奏する場合には、添付楽譜のコードネームを尊重して
     演奏すること。
   ●いずれの楽器とも、前奏・後奏を付けてもよい。
   ●歌詞は1番のみとする。
   ●移調して歌うのも可。

     注意1:ピアノ以外の楽器は持参すること。
     注意2:ギターはアンプの使用を認めないので
          アコースティックギターを用いること。カポタストの使用は可。
     注意3:アコーディオンは独奏用を用いること。

     保育士実技試験について

Copyright(c)2007 保育士試験、幼稚園・小学校教諭採用試験のための音楽理論・実技対策レッスンと集中講座 All rights reserved.
Illustration by ふわふわ。り. Base template by WEB MAGIC.